天使のような可憐な18歳とセックスが出来る。
そう考えると、足がやたら早く動いてくれました。
円光の待ち合わせ場所は、ラブホテル近く。
これは女の子に指定されました。
そこに到着して、相手がやってくるのを、そわそわしながら待ちました。
あの子とセックスが出来るのかと思うと、たまらない気分でした。
しかし、このたまらない気分をぶっ壊す出来事が起こりました。
名前を呼ばれたので振り向きました。
そこに立っていたのは、デブスのオバチャンでした。
しばらく反応ができませんでした。
「よろしく!ホテルは、あっちにあります」
表情を変えることなく、言ってきたのです。
そこで我に返りました。
「アイコンと全然違うじゃないか」
「キャンセルでも支払いは必要になります」
無機質に言われてしまったのです。
何だか変な迫力がありました。
もしかして、絶品のテクニックでも持っているのでは?そんな期待から、とりあえずホテルに。
しかし、これも最悪の結果となってしまったのです。

 

 男と女の関係って、ものすごい熱かったりするじゃないですか。
ハグしたりキスしたり、触ったり舐めたり。
お互いの体を刺激し合う。
これ普通ですよね。
それがありませんでした。
勝手にシャワーをして、いきなりフェラをして、今度はコンドームをつける。
そして挿入要求。
なにこれ?なにこの展開?なんなの、このデブス?
こんな感じでした。
射精して、すぐにチェックアウトです。
これで3万円も支払ってしまったのです。
いくら何でも、こんな円光ありかよって感じでした。

 

 他社の同い年の営業マンとは、仕事上でもプライベートでも仲良くしています。
気心が知れて、いろいろな話が出来る男です。
仕事上では情報交換などもやっていました。
もちろん仕事以外の話もたくさんする男です。
飲みに出かけた時に、自分の経験したセックスを話しました。
「援デリの被害に遭ってしまったのか」
と言われてしまったのです。